ギターとピアノで奏でる、13のやすらぎソング。 ~ビートルズから始まる、名曲セレクション~

アマゾンで購入
br>ギターとピアノで奏でる、13のやすらぎソング。 ~ビートルズから始まる、名曲セレクション~
おおはた雄一 & 柴田俊文

ザ・ビートルズ、エルトン・ジョン、スティング… イギリスの不朽の名曲をギターとピアノでしっとりとカバーした癒しのカフェ・アルバム

イギリスでザ・ビートルズが誕生して以来、世界の音楽シーンは大きく変わり、数々の名曲が世の中にリリースされ続けてきました。本作品は、その後世界中で誕生したさまざまな名曲の中から、イギリスにゆかりのある名曲をセレクトし、アコースティック楽器でしっとりとやさしくカバーした、癒しのカフェ・アルバムです。
演奏は、その歌声のみならずアコースティックギター奏者としても名高い“おおはた雄一”がギターを担当、最近の山下達郎、竹内まりやのライブでは欠かせない存在でもあるベテラン・キーボーディスト“柴田俊文”がピアノを担当し、心地よいアンサンブルを奏でている。ザ・ビートルズの名曲「愛こそはすべて」、エルトン・ジョンの「キャンドル・イン・ザ・ウインド」、エリック・クラプトンの「ティアーズ・イン・ヘヴン」、小さな恋のメロディのテーマ曲「メロディ・フェア」他、全13曲を収録。
藤井丈司によるプロデュース。